everyday-happylife

家族持ち45歳でFIREを。日々の生活ブログです。

F51 国民年金に加入!

こんにちはhappy+です。

前回は国民健康保険をGETしたことを書きました。

 

今回は「国民年金に加入したこと」を書きます。

 

1月7日 午後 市役所

国民健康保険の手続きが終わり、

国民年金の申請をします。

 

担当者が国民年金の説明をしてくれます。

2022年1月1日から

第2号から第1号に変わり、

月額16,610円(年額199,320円)の支払いになります。

 

妻も第3から第1にかわります。

同額16,610円(年額199,320円)の支払いになります。

こちらは世帯が別なので委任状をもらってきてからの手続きになります。

 

合計月額 33,220円(年額398,640円)

 

国民の義務なので仕方ないです(>_<)

ココからです。

 

担当者「次の仕事は決まってますか?」

私  「いいえ、決まってません。」

担当者「では、離職票をもってきて失業特例を申請すれば

    全額免除されると思います。」

私  「えッ!!」

ほんとうに!! 全額免除ってゼロ円です。

 

私  「全額免除の内容を教えてもらえますか?」

担当者「仕事が決まってないと収入がなくなります。

    離職票もしくは雇用保険受給資格証があれば、

    失業特例となり、2年間全額免除されると思います。

    申請をだしてもらい、免除の通知がきたら適用となります。」

   「happy+さんが年度更新ごとに申請すれば、

    令和6年6月末まで免状が可能です。」

担当者「ただし、注意として

    納付したときの1/2の金額が反映されます。」

私  「妻の国民年金はどうなりますか?」

担当者「妻の分についても、同様に適用になります。」

  ※つまり全額免除ゼロ円で16,610円の半分8,305円を納付したことになり

   年金受給するときに反映される      

↓そのときの説明資料

f:id:everyday-happylife:20220120153215p:plain

 

思ってもいないことになりました。

全額2人分が免除になるかもしれません。

しかも約8千円(妻の分を含めると約1万6千円)払ったことになる。

 

この日は

一旦、私の年金だけ通常の手続きをしました。

 

1月12日

会社から離職票が届きました。

 

午後から市役所へ

 

担当者「委任状と離職票はお持ちになられましたか?」

私  「よく思えてますね。

    市役所は人がたくさんくると思のですが

    なぜ、私を覚えていたのですか?」

担当者「前回詳しく聞いてきたので、印象に残ってます。」

私  「覚えていただきありがとうございます。

    そして、前回丁寧に教えていただきありがとうございます。」

   「委任状と離職票を持ってきたので手続きお願いします。」

担当者「わかりました。」

 

今回も丁寧に教えていただきました。

 

これで家族分の国民健康保険国民年金に加入できました。

 

国民健康保険   父・母・妻・子供2人分と私

国民年金     私・妻(全額免税予定)

 

次回につづきます。

 

 

F50 国民健康保険をGET!

こんにちはhappy+です。

前回は金融暴落にそなえてリターンを大きく狙おうを書きました。

 

今回は「国民健康保険を手に入れる」を書こうと思います。

 

ときは

1月7日 お昼に郵便物が到着!!

会社から「資格喪失証明書」が届きました。

 

※会社の健康保険から国民健康保険の切替えに

 資格喪失証明書が必要。

 証明書は会社に申請が必要

 

私の場合は

会社の健康保険の任意継続よりも

かなり安く国民健康保険に加入できる

F35、F36参照

 

そして、市役所へ

 

窓口で

私「国民健康保険に入りたいのですが」

担当者は手続きを丁寧に教えてくれました。

 必要だったものは

 ・資格喪失証明書(会社から)

 ・身分証明書(運転免許証)

 ・保険料を銀行引き落としする場合は通帳番号と印鑑がいります。

 

担当者「世帯が違う場合は委任状を書いてきてもらう必要があります。」

※私は住民登録で家族を父の世帯にしている。

私 「わかりました。」

 

その場で「保険証」を発行してもらえます。

プリンターでカードに印字するタイプで発行されます。

本日から利用可能です。

家族分は後日申請します。

 

保険料の支払は郵送で届きます。

※銀行引き落としかコンビニ等の支払いが選べます。

 保険料は退職日の次の日からの料金となります。

 

◆まめ知識

退職してから国民健康保険の手続きまでは保険証がありませんが

保険証の手続き中と医者に言いましょう。

 

続いて

国民年金の申請に移ります。

ここで 「おもいもよらぬ説明が・・」

 

次回につづきます。

 

 

F49 金融暴落に備えよう。

こんにちはhappy+です。

 

朝に軽めの筋トレ

マイプロテインの北海道ミルクを飲んでいますが、

ミルクティー味の方が好みでした。※F22マイプロテイン参照

 

前回は

「金融大暴落を私は待っている」ことを書きました。

 

本当は

「金融大暴落に備えている」が正しい表現かもしれません。

 

今回は暴落の考えを書こうと思います。

 

数十年と投資をつづけていくと暴落を経験することになります。

近況ではコロナショックです。

 

その時に買いです。

ほとんどの人は売りに走ります。

流れと逆をすることはとても勇気がいると思いますが、

チャンスをうかがっている人もいます。

f:id:everyday-happylife:20220119123029p:plain

 

普段はドルコスト平均法で購入をつづけ

暴落の時にさらに購入する資金を置いておくことが大切です。

 

この時にバーゲンセールとなります。

「価値以下」に「価格」が下がる。

 

そのあと、徐々に市場が回復していくとリターン(利益)が膨れ上がります。

この見極めが投資の楽しさ面白みのひとつです。

 

インデックス投資だけだと15年以上の期間があれば

過去データからほぼ確実にプラスになりますが、

投資の楽しさ面白みを考えた場合この暴落(ショック)の

タイミングを予想する想像する「ここだ!」の買いをいれる。

それが、大きくリターン(利益)が出た時は

最高に投資してよかったと思います。

 

そして欲が出てきます。

もっとあの時に投資しておけばよかったと・・

 

あなたは

投資を初めていますか?

とっても勉強になります(^^♪

(無理の範囲で)

 

次回につづきます。

F48 金融大暴落を私は待っている。

こんにちはhappy+です。

朝から軽めの筋トレそして少し散歩してきました。

 

前回は米国インデックス投資(S&P500)をおススメしました。

が・・・ 

 

この投資方法で一括で全額かけると大暴落に対応できません。

「精神が落ち込みます。」「精神が不安定になります。」

 

そこで、私の場合はクレカ積立でドルコスト平均法の手法を取っています。

ドルコスト平均法とは

 一定金額を毎月買うことにより

 価格が低いときの購入量は多くなり、

 価格が高いときの購入量は少なくなる。

 値動きに波のある金融商品に投資をする際、

 投資タイミングや投資期間といった「時間」を分散して

 リターン(もうけ)とリスク(そんしつ)を平準化できる点があります。

 

かならずリターン(もうけ)とリスク(そんしつ)を

考えておく。

わかる範囲でいいので考えておく。

 

ある程度リスクを考えておくと対応ができる部分ができてくる。

 

クレカ積立は最大限のリターン(もうけ)は望めませんが大暴落がきても

平均法をつかうのでダメージが少なくすみ、回復まで持ちます。

※大暴落で売ることは損失最大に等しいです。一番避けたい。

 

私の場合はFIRE生活

リスクにそなえなければならない。

 

さらに考え方を深堀します。

 

「大暴落を私は待ってます。」

 

あなたは

なぜか わかるでしょうか?

 

※おそらく

 堀田(仮名ホリタ)さん、智彦(仮名トモヒコ)

 はこたえれることでしょう(^^♪

 

次回につづきます。

 

F47 退職を聞いた側③ 投資の深堀

こんにちは happy+ です。

 

前回は資産運用の基本な内容を書きました。

楽天証券SBI証券に口座をつくり

米国インデックスに投資して長期運用することを

智彦(仮名トモヒコ)にすすめました。

 

今回は投資の深堀(ふかぼり)をしようと思います。

 

r>g

 

あなたは

この方程式をしっているでしょうか?

アールダイナリジーを。

 

金融リテラシーのある人はしっているかたが多いと思います。

「トマ・ピケティ」が考えた方程式です。

 

r>gをわかりやすく表現すると

 

資産運用に得られる金額 > 労働で得られる金額

(資本収益率 5%程度)  >(経済成長率1~2%)

 

これを私は信じています。

なぜなら、過去データが示しているからです。

そしてこれからも当てはまると考えています。

 

複利の力

 

あなたはこの破壊力をしっているでしょうか?

フクリノチカラを。

 

これは「アインシュタイン」が「人類最大の発明」

と言ったことで有名です。

利息が利息を生むことです。

時間をかけることによりさらに破壊力を増します。

 

この2点の効果が見込める

楽天証券またはSBI証券の米国インデックス投信が候補にあがる。

 

ネット証券はランニングコストが非常に低く(安く)

インデックス投資は手間暇もほとんどかからなく、

ポイント(T・楽天・ポンタ ポイント)ももらえる。

 

前回も書きましたが、私はSBI証券で運用をしています。

SBISBI・V・S&P500インデックス・ファンド 4万円

SBISBI・全世界株式インデックス・ファンド  1万円

三井住友(NL)クレジットカード積立 上限5万/月で運用している。

※ほったらかし運用

 クレジットで購入するときにⅤポイントが貯まり

 投資信託保有しているだけでポンタポイントが貯まります。

 

かんたんに書くと

「毎月5万円クレカ積立して、数十年後に資産がたくさん増えてます。」

これです。

※毎月の積立金額は調整もできます。

 数十年後ではなく数年後でも数日後でも、現金に交換できます。

 

なので、はやい段階で始め、長期運用ほど有利になります。

 

あなたも余裕資金があれば始めてみてはいかがでしょうか(^^♪

 

追伸

智彦から

楽天証券でnisaを利用しS&P500を購入した連絡をくれました。

大事な投資仲間です(^^♪

 

次回につづきます。

 

 

F46 退職を聞いた側②

こんにちはhappy+です。

前回は退職を聞いた友達が資産運用に興味があり

マックで待ち合わせをするところまでを書きました。

 

今回はつづきを書きます。

マックに到着!

堀田さんはまだきていない。

 

先にふたりはそれぞれ注文を

私はホットコーヒーを注文しⅤポイント支払い。

空いている席に座った。

しばらくすると、堀田さんが元気よく登場!

 

堀田さんの話を聞くと

資産運用は米国のETFを中心に売買をおこない資産運用をして

コロナの暴落があるときにも焦らずに購入したほどの人でした。

インデックス、VTI、VT、SPYD・・・

投資信託よりETFの方が相性に合うビットコインも所有 等々。

バーガーが口からこぼれ落ちるほど興奮して話してくれました。

そういうところも私たちを楽しませてくれます(^^♪

今、堀田さんは

資産運用の利益がプラスになってました。

もっと勉強して

資産を加速させたい考えです。

 

私もコロナ時に

SBISBI・V・S&P500インデックス・ファンドを

買い増し含み益が出ています。

今はクレカ積立をしています。

※クレカ積立・・

 クレジットカードで投資信託を購入して

 Ⅴポイントをもらう。上限金額5万円/月

そして、

投資信託保有しているだけでポンタポイント(Tポイントも選択可能)

が毎月受け取れます(^^♪

 

投資の考えはいろいろあるけれど、

みんなの考えの逆の行動をすると大きく利益がでる。

簡単に考えると「安い時に買い」「高い時に売る」

これができれば、儲かるのだがなかなかそれができない。

 

そこで

楽天証券

 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

または

SBI証券

 SBI-SBI・V・S&P500インテックスファンド

積立投資する方法が一般的になってくる。

※積立NISAを利用するとなおよい。

 

今私は

SBI証券

SBISBI・V・S&P500インデックス・ファンド 4万円

SBISBI・全世界株式インデックス・ファンド  1万円

三井住友(NL)クレジットカード積立 上限5万/月で運用している。

※ほったらかし運用

 

あとは、nisa枠を含めて国内株式を買うスタイルです。

 

私が運用の話をしている時は

堀田さんは真剣に聞いてくれました。

堀田さんは自分の話をとめ、happy+の考え

つまり頭の中身を知りたいと真剣に聞いていました。

※この人は興味のあるときは集中力がすごい。

 

後日

智彦から楽天証券の口座開設をした連絡が来ました(^^♪

 

話を聞くだけでなく

行動できる人がすばらしい(^^♪

 

次回につづきます。

 

 

F45 退職を聞いた側①

こんにちはhappy+です。

前回は通信費である固定費

家のWiFiがゼロ円で運用をしていることを書きました。

 

今回は・・

FIRE(経済的自立)を知ってる人、

金融リテラシーお金と上手に付き合うために必要な知識や判断力のこと)がある人は

少し違う角度で私の話を聞いていました。

このことについて書こうと思います。

 

私   「仕事を退職するよ。」

知合い 「えッ ほんとに。これからどうするの?」

    「なぜ辞めたの?家族は?生活は?次の仕事は?」

私   「ゆっくりする。FIRE的な生活を考えているよ。」

知合い 「FIRE?そうなんや。

     happy+ならなんとか大丈夫と思うよ。」

これでしばらく退職の内容を話して

ちがう会話になっていきます。

 

違う角度から聞いていた人は

私の経験を自分に生かそうとします。

 

ここから話が始まります。

とある日

 

「今度、お金の運用について教えてほしい。」

「興味があるねん。」

 

と連絡してきた智彦(仮名トモヒコ)

 

私 「いいよ。」

智彦「今日の14時からマックで集まろう。」

  「堀田さん(仮名ホリタ)も一緒にhappy+と話をしたいのでくるよ。」

私 「今日は用事があるので違う日でお願いできる?

   前もって連絡くれたら時間調整するよ。」

※瞬(シュン)に数学を教えていた。

智彦「わかった。堀田さんと時間決めてまた連絡するよ。」

私 「OK」

 

2人とも私の友達です。少し紹介をすると、   

智彦(トモヒコ)・・・私の同級生、スポーツが大好き

           2児のパパです。

       

堀田さん(ホリタ)・・年上で好奇心旺盛。 

           資産運用の知識を勉強して実践している。

           ※私がFIREしたことをとても聞きたい。

 

「今週の土曜日昼から時間あいてる?」

と智彦からLine。

 

智彦は堀田さんと時間を合わせ連絡をくれました。

 

「私の話」を聞きたい人からの連絡

堀田さんはFIREのことに興味深々。すごく勉強熱心。

どこまで聞きたいことに答えられるかわからないが、

堀田さん、智彦にできるだけ素直にわかりやすく話そう。

できる事をまずやる。

 

「OK

 土曜、時間を開けておくよ。」

とLineを返信。

 

約束の土曜

お昼になり

智彦が車で迎えに来ました。

 

そして、マックへ

 

次回につづきます。